スーパー戦隊シリーズ/2010年代

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

作品の噂 > スーパー戦隊シリーズ > 2010年代

34代目・天装戦隊ゴセイジャー

何だ・・・この化け物は?!
地球を護るは天使の使命!
天装戦隊ゴセイジャー!
  1. ガンバライドの二番煎じ。
    • 通称「大人の事情」
  2. タイトル表記を見てみるとジュウレンジャーを思い出す。
    • ゴは「五」ではないので、追加戦士が登場する可能性が・・・。
      • ・・・というよりジュウレンジャー以降は追加戦士が本編に登場しなかったのはゴーゴーファイブのみ。
      • 五星戦隊とは関係ない
    • 最初見たときはふざけたネーミングだと思ったが、タイトルロゴやストーリーを見てようやく納得した。
    • 初めてタイトルを知った時、勝手に惑星モチーフになるのかと思った。
  3. どう見てもレスキューファイアーの追加メンバーの天空着装を意識しているとしか思えない。
  4. 10年ぶりにマスクに唇が付いた。
  5. もはや「~ジャー」しか合ってない
    • 3年連続「~レンジャー」でない。
      • 次回作は「~ャー」しか合ってなかったりして(「~シャー」とか)。
  6. 「ドラゴン」「フェニックス」「タイガー」「シャーク」はわかるとしても、何で「スネーク」が正義側のモチーフに選ばれたんだろう…?
    • 蛇=あの邪悪なライダーのイメージ払拭では?
    • 搭乗マシンが新幹線型。
      • ゴセイスネークはN700系を追い越したが、ゴーライナーは500系を追い越していた。
  7. ついにキャスト発表。さとう里香が出ると知った時はPCの前で久しぶりに「えっ!?」と言ってしまった。
    • ここから腐女子が押し寄せそうだ。
    • だがいち早く引退してしまった。そしてブラックも・・・。
  8. テレビ放送開始前に映画でデビューを果たす史上初の戦隊。
    • Wの映画での番宣で味を占めたな東映・・・。
  9. メンバー5人の構造にこれまでにないパターンが多い。
    • 種族が違うってのは結構アリかもしれん。
      • ジュウレンジャーは全員種族が違った。
  10. 女幹部が・・・いない・・・?
    • ・・・と思ったら3つ目の敵組織でようやく登場。
      • 「3つ目」の言葉のとおり敵組織が4か月ごとに交代。
      • おっぱいミサイルも撃てる。
    • 顔出し幹部は登場しない。
    • 後のキュアマーチ。
  11. 山田ルイ53世。
  12. 敵組織の名前がどう頑張ってもこれのパクりにしか思えない。
    • 次はUMAか。
    • 敵関連の名前はSF系映画のタイトルが元ネタな様だが(デレプタ→プレデター、ブレドラン→ブレードランナー…等)、肝心のドレイクは不明…
      • おそらく蛾(モス)+スタートレックじゃないか?
      • なかなかマニアックな映画も多いので、元ネタ探しが結構面白い。
      • 元ネタはウォースター:宇宙人関連、幽魔獣:ホラー&モンスター、マトリンティス:ロボット&機械、ブラジラ配下:ファンタジーと言った構成。
  13. ゴセイカードがアドベントカードっぽいと思う。
    • ゴセイドラゴンがドラグレッダーに見え(ry
    • 追加戦士の名前もゴセイナイト
  14. epic3でのアラタとアグリのやりとりを観て、ちょっといやな予感が過ぎったのは自分だけではない筈・・・。
  15. 6人目の戦士の中の人はこのゲーム1時間後のヒロインと共演している。
  16. 某宇宙の警察官以来14年ぶりの人間体をもたない6人目。
  17. ハイパーゴセイグレートを15体合体とみなすか否かで意見が割れる。
    • データスハイパーをデータス+ハイパーチェンジヘッダーとみなせば16体合体とも考えられる。
  18. 8年ぶりに女性戦士の水着が解禁された。
    • ビキニとしてなら恐らく13年ぶりか?
    • 但し、劇場版も含めば、「ボウケンジャー」でも水着になってたので、4年ぶり。
  19. 一昨年昨年に続きロボが全合体すると思ったが、結局無かった。
    • 7人目の戦士も無かった。
      • マジス・・・いや、何でもない・・・。
  20. 多くの視聴者は、ミラクルゴセイヘッダー回辺りからブレドラン(後のブラジラ)を疑っていた。
  21. 途中で2本ばかり、脚本のクレジットが「八手三郎」名義なのが、アラン・スミシーか、「アマルフィ事件」のようなことがあったのかと未だにモヤモヤしている。
  22. ゴセイナイトの最強っぷりが際立つ。
    • あまりに強いので199ヒーローでザンギャックに抑え込まれていたのがかなり衝撃だった。
    • Figuartsでも初期メンバーを差し置いて先に登場。
  23. 私たちのターンだ!

35代目・海賊戦隊ゴーカイジャー

海賊戦隊ゴーカイジャー

36代目・特命戦隊ゴーバスターズ

集結!3大メガゾード!
バスターズ、レディーゴー!
  1. 平成ライダーレスキューポリスシリーズという感じがする。
    • 3人戦隊で色分けされているが、マスク部分がメタルヒーローっぽい。
      • 記念作品の次の戦隊は3人戦隊という新たな法則が…?
        • 3人戦隊は女性メンバー一人ということが多いからな…ヒロイン好きはちょっと悲しいかも。
          • 陣が参加に合わせて、きっとミホも追加戦士になると思ったのに・・・。出番が少なくて可哀想だよぉ、仲村ミホ。
    • バディロイドはバイクになる。
      • スーパー戦隊シリーズで久々に専用バイクが登場。
        • 方向音痴と言うトンデモ仕様付き。
          • そして中の人は野原ひろし。
      • ちなみに、メガゾードが乗るのはトライク。
    • スーツとズボンを見てやっとスーパー戦隊シリーズっぽさがにじみでる。
  2. 色が久々に前につくようだ。「○○バスター」
    • 今までの流れだと「バスター○○」だったろうから。
    • と言うか戦隊名からして過去のどの戦隊とも共通点がない。
      • 名前だけ見ても「戦隊」という言葉を除けばレスキューポリスシリーズっぽい。
      • もし例えば未出の他の色だと「ホワイトバスター」「ブラックバスター」…なんかB級SFっぽい。
        • と思いきや斜め上のビートバスター。
          • カブトライジャー・クワガライジャーの例があるからそこまで驚きには値しないと思うが?
          • ミューズバスター・・・いや、何でもないです。
          • 5人目はバディロイドが変身するが、デカマスターの例もあり驚きに値しない。
            • ボスの鼻と同様、体格やスタッグのクワガタ角(カブト角はビートに転送)がどうなっているのかを気にしてはいけない。
            • スタックバスターの変身をキャストオフとか言ってはいけない。
        • ブラックバスターとグリーンバスターは特殊な形で登場。ピンクバスター?あれはアバレピンク枠で。
  3. ロゴが斜めになっている。
    • 斜め左前向きはゴーゴーファイブがあるが、左下向きは初めてかな?
  4. 「チーター」「ゴリラ」と来て「ウサギ」って…。いくら女性戦士とは言え、もっと他になかったのかしら?
    • チーター、ゴリラ、ウサギって一瞬何のコンボかと
      • 仮面ライダーオーズ・チゴサキコンボとか?体が軽くなって腕力が増強されて跳躍力があがる…それなんてアームポイントですか
        • オーズにないメダルはウサギメダルだけなので「ウサゴリーター」かも。
  5. 色の構成が基本赤・青・黄だが、24年前4年前と同じ様に後で緑と黒の戦士が追加されるかも。
    • 2012年がオリンピックイヤーなため。実際に24年前と4年前もオリンピックイヤーだった。
      • 三人戦隊は味方側のキャストを少なくできるので、敵側が少し豪華になるんじゃないかと期待している。
        • 豪華どころか1人しかいなくね??強いて挙げても戦闘員とCGのボスしかいない。
          • 毎週のようにみられるエンターさんのコスプレ変装はある意味豪華だろ!!
        • EDを歌っているユニットの中の人達は全員敵怪人役で出演した。
  6. モーフィン!!が掛け声のようである。
  7. 6人がかりでもなかなか倒せない敵(バスコ)を半分の人数で撃退する、とはどういうことなのだろうか?
    • そこはあれだ、ビギナーズラックという奴で…
  8. 公式にはゴーカイジャーまでとの世界とはつながっていないそうだ。
    • でも映画には出る。さすが特撮ヒーロー。
    • というか本当はつながりがあるのはデンジ→サンバルカンだけ(ジャッカーとゴレンジャーなど、映画によるつながりを除けば)だが、ゴーカイジャーがパラレルワールドを利用してつなげているので、別世界だろうが問題はない。
      • なので、「新西暦」という設定に果たして意味があったのかということは考えてはいけない。
  9. レンジャーキーがなぜか存在する。
    • でも使われたのはバディロイドの方だった。
  10. ブルーバスターは実際にアラサー。シナリオ中でもアラサー。
  11. 女性のイエローバスターの相棒の兎が何故か♂。
    • ウサダ「ウサダがメスじゃないといけない理由でもあるんですかぁー?」
  12. 既存の戦隊名「○○ジャー」「○○マン」でもない、「○○ズ」となるのは初めてになる。
  13. 1号ロボが、合体しない・・・?
    • これはデンジマン以来32年ぶりである。
      • 龍星王「・・・。」
        • これを踏まえてVSゴーカイジャーでは龍星王にもゴーカイチェンジした。
      • ギャラクシーメガも実質そうじゃね?
    • でも結局合体しちゃった。
      • 合体システムも大連王・牙大王のように互換性があるようだ。
    • エースのミニプラの関節可動率は異常。もしかしたらゲキトージャよりも動くんじゃないか?
  14. スーパーヒーロー大戦のCMでライダー達を立った3人で相手取る…
  15. 鯖、ゴーバスターズ?
    • 盆盆盆、ゴーバスターズ?
      • トトトトレビアーン!!
        • ロシア語かドイツ語だったらなぁ・・・。
          • ハングルだったら、きっと今頃、色んな人が色んな意味で袋叩きにあってたろう。
    • 無能な上司メサイアに振り回され続けるエンターを見るたびになぜか同情してしまう。
      • 最終回では、エンターとエスケイプが合体巨大化して襲ってくるんだよね?
        • 流石にそうはならなかったが、エスケイプの最期にはもの悲しさを感じた。
  16. EDで踊る。司令官もオペ子も整備士も巨大ロボも踊る。
    • 妙に腰の動きのキレが良い巨大ロボが個人的に凄く気になる。
      • むしろノリノリで踊っている司令官に吹く。
        • ここまでやるなら、エンターとエスケイプにも戦闘員バックに踊らせてあげたかった!あ、歌詞が合わんか。
          • ミホ!!…スカート!!!
  17. 甘い物を食べないと充電切れになるイエローの弱点を生かしたのか、市販のお菓子はきちんと劇中仕様のアソートになっている。
    • 箱ではさり気なくヨーコをきちんとプッシュしている。
  18. ゴリサキはゴリラ、トラック、CV:玄田哲章だからと言って、どこぞの司令官とは何の関係もない。
    • 次回作の千葉繁&ティラノサウルスは、これに対抗した訳じゃないだろうな…
  19. 例年の「倒して巨大化」の流れを撤廃し、オープンセット等、特撮班の巨大戦・メカアクションに気合が入っていたが、やはりお約束通り12話で本編班撮りに戻る。
    • この頃の話から同じように撤廃されていたはずの変身バンクが使われるようになった。
      • でも使用例が数えるほどしかない・・・
  20. スーパー戦隊初のオリジナル2ndOP。しかもどこにも「ゴーバスターズ」の言葉がない。
    • もともと挿入歌だったのがOPに昇格したためだったはず。
    • OPが変わるタイミングが中途半端だったのが残念。せめてメサイアを一度倒してからにしてほしかった。
  21. さりげなく久々に顔出しのレギュラー女幹部が登場。
    • でも、結局あんまり活躍しないで退場しちゃった・・・。
    • ゴーオンのケガレシア以来だが、またもや子供向け番組らしからぬ所から引っ張ってきた。
      • エスケイプはなかなかイイモノだったと思う。
  22. ライオブラスターのアニキボイスのインパクトに吹く。
  23. わざわざモーフィンしなくても、今回のスーツなら前面のファスナーで着脱できんじゃね?ファスナー降ろすと中がどうなってるのか、見てみたい。
    • ヘルメットの中はヘッドギアを着用していることは見せてくれたが・・・
  24. アバレキラー以来9年ぶりの殉職戦士となってしまった陣さんの最後の活躍に泣かされ、最終回後の東映公式ページのスペシャルメッセージで更に泣かされた。
    • 理央・メレ「・・・・・・。」
    • キョウリュウvsゴーバス公開後の松本さんのTwitterのメッセージにも泣かされた。
  25. Vシネの『動物戦隊ゴーバスターズ』のネタっぷりは異常。
    • OPがガオヒューマンという安定っぷりがいい。
    • それはそうと、何故エネたんがいるはずなのにグリーンはカバだったんだろうか。
    • そうしたら4年後の戦隊本編作品の題名が(以下略)。
  26. 黒いジェンガを見ると陣さんとJを思い出す。
  27. ラブライブ!サンシャイン!!にヨーコが声優デビューと聞いて。
    • その第一報に真っ先に反応したのは間違いなく俺らゴーバスファン。声ヲタが「誰も知らねぇ…」と言う中。
    • 後のアキャンバー。
  28. ことは(シンケンイエロー)が2年ぶりの登場。
  29. レッドバスターの姉貴=リカ姉さん(吉木りささん)の出演エピソードが、意外と多くなかったような気がするが、どうなんだろうか。
  30. ふとももスゴイ。お父さんたちの視聴率UP。

37代目・獣電戦隊キョウリュウジャー

獣電戦隊キョウリュウジャー

38代目・烈車戦隊トッキュウジャー

烈車戦隊トッキュウジャー

39代目・手裏剣戦隊ニンニンジャー

手裏剣戦隊ニンニンジャー

40代目・動物戦隊ジュウオウジャー

  1. 2年続けて色の組み合わせが初めてのパターンとなった。
    • 今回は赤青黄緑白で青白が女性。
      • 女性のブルー戦士はマジレン以来、男性イエローと女性ホワイトは2年連続の一方でゴーバス以来のピンク不在(Vシネのはノーカンで。そう言えばそのVシネのタイトルが「動物戦隊(以下略)」だったか…)。
      • いまだに黄白が女性という戦隊が出てこないのはどうして?
        • デカスワンはオレンジ?
  2. 過去に聞いたことないのは「エレファント」だけ。40作記念だからを踏襲したのか。
    • 緑の象ならゲキエレファントがいたけど、あれは武装用のゲキビーストだったしなぁ。
      • 同じくパオン丸もオトモ忍。
      • 海外版の「パワーレンジャー・ジャングルフューリー」には「エレファントレンジャー」というのが出てきます。
    • OPで「イーグル!シャーク!」なんて歌うもんだから、つい「パンサー!」と繋げてしまう…。
  3. ええと…大阪のおばちゃん
    • ロボは何となくドット絵っぽい。
      • 積んで刺すだけの斬新すぎる合体システムだが、合体数の関係上2号ロボもほとんど同じ形にしなきゃならないような気が。
        • その結果ワイルドトウサイドデカキングはあまりにも直球すぎるデザインに。むしろあのデザインをミニプラであそこまでカッコ良く出来るのがすごい。
      • マインクラフトがお子様に人気だから?
  4. 40作目という事は、アカレッドはこの作品にも出てくるんだろうか。
    • ブルーレイの映像特典に出演してますけど。
  5. レッド以外が人間体に獣人態にヒーロー態の3態持ちと言う。
    • 3態持ちは追加戦士ならマジシャインにトッキュウ6号と言う前例はある。
    • ジューマン、って呼び方が何か別の意味を連想しそう…。
    • デカマスターのように鼻がどうなるか気になる。特に象のジューマンであるタスクは尚更。
    • 大空、海、雪原、密林と漢字で揃えたならライオンは「草原の王者」にしてほしい所。
      • 追加が来るとしたら砂漠の王者とか?
      • ジャングルと密林ってどう違うんだろう。
        • 密林ではなく森林が正解。
    • ネコ科が二匹。コアメダルで例えるとウヴァ(虫)だけいない。
  6. 動物に立方体と聞いて番長を連想した方はコアな任天堂ファン
    • 司令官的ポジションのマリオと言い、巨大化のコンティニューといい、なんかビデオゲームの要素があり。
      • 真理夫おじさんのアバレピンクジュウオウヒューマン姿にはコーヒー噴いた。
        • もしゴーカイピンクがゴーカイチェンジして上の姿になったら…、って想像してしまう。
  7. 何気にスフィアの4人が全員戦隊経験者になった。
    • え、あやひーは戦隊に出てないって?そう思った人はパワーレンジャー・ミスティックフォースのDVDをレンタルしよう!
      • ジニス様ご乱心のせいで敢え無く昇天したナリアだけど、Vシネマで中の人が出る事はあるのだろうか?東映P的に「シンケンジャー」と「トッキュウジャー」の事例見ると可能性としては半々?
  8. 「鳥男の声:村上幸平」のテロップが出た瞬間、色んな意味で嫌な予感がした人も少なからずいると思う。
    • 死亡フラグをラリーさんの一言で回避した辺りはありそうでなかったパターン。
  9. ガオブラック曰く、ガオレッドとジュウオウイーグルは声がかなり似ているらしい。言われてみれば確かにそうかもしれない。
  10. 名前まで変わる強化変身はアバレマックス以来。それにしても強化変身の登場が早い・・・。
    • あれはむしろフォームチェンジのような気がする。
    • ジュウオウゴリラはドラミングをパーでやっているのが◎。
      • ジュウオウホエール登場で一人「陸海空」を果たしただけでなく、最終回でMIXフォームまで披露には驚いた。
  11. どうぶつかくれんぼのルールを把握するのに数話かかったのは俺だけだろうか。
    • ニンニンジャーの時と違って、EDが終わるまで答えが分からないのも戸惑う要因だったのかもしれない。
  12. ジニス様の細胞が毎回無駄遣いされているのが気がかりだ。
    • そんなジニス様の中の人が神尾直子と聞いて二度驚く。女性スーアクが大ボスを務めるのって初めてなんじゃないか?
      • 最終回での株価暴落っぷりは…。中の人がビアス様再びのアザルドが真の姿現した時は「ラスボスの前にラスボス級の強さの敵」ってどーすんだオイ?って思ったが。
  13. EDでは早速9番目のキューブアニマルまでネタバレしているが、ワニに狼(残り1つはサイ)とガオシルバーの要素が2つもあるのが気になる。
    • キューブアニマルもメイン=英語、サブ=日本語という法則が…?良かったな、サイ!!
  14. 1話でいきなり幹部が殉職する敵組織なんてデスガリアンくらいでは?
  15. 動物モチーフの戦隊なので、ギンガマン、ガオレンジャーの例を踏まえて、サザエさんに出ている声優がナレーションを担当すると思っていた。
  16. すぐファンファンって何だよ!
  17. みっちゃんの面倒な性格は歴代の追加戦士でも1、2を争うと思う。
    • ザワールドのスーツカラーって公式にはどう制定されているの?黒基調の金銀混色なのはわかるけど。
  18. シリーズ通算2000回を記念し、あいつらが帰ってきた‼
  19. 「トミーとマツ」のトミーを出すならマツも出せよ、って思ったおっさんも少しはいるかも知れない。最終回のダンスでトミーさんノリノリだったのにはニヤリとしたけど。
    • 埼玉西武ライオンズ繋がりでもレオの父親役なら考えられそうだけど、問題はどうやって人間態になるシチュエーションを用意するかだ…。
  20. 最終回のオチは想像の斜め上だった。実際にああなったらお互い困るだろうな、って思った。
    • ある意味地球が折角デスガリアン撃退したのに、新たなゴタゴタの種を作るのか?ってツッコミ入れた視聴者もいるかも知れない。
      • 一部からはアメリカの某大統領の施策への批判と受け取る向きもあったが、別にジューマンの皆さんが人類の世界へ集団移住とか考えていた訳でもあるまいし(むしろ拒んですらいた)、それは的外れでは?と思った。

41代目・宇宙戦隊キュウレンジャー

究極の救世主!
宇宙戦隊キュウレンジャー!
  1. いきなり9人戦隊とは挑戦したなと思いつつも、人間メンバーが5人なのはいつも通りなんだなと安堵。
    • 人数が多いのでボス戦以外はシフト制で戦うのかなと予想している。
    • 本編初の女性グリーン、タイムレンジャーでさえ成し得なかった「タイトルに戦隊名が入っていないOP」など、記念作品の次作で見られる挑戦要素は他にも色々ある模様。
    • 追加戦士はゴウライジャーやゴーオンウィングスみたいな別戦隊的ポジになるのだろうか?あれだけ「9人の戦士」を強調しているからには。
      • 9×2=18年ぶりに追加戦士なしに終わるのでは?
        • …と思ったら司令官が8話で10人目に変身。
          • なお、25年前の名前にはならなかった模様。
            • 11人目はチキュウ人の子供。訳語的には正しいとは言え、同時期に韓国版が配信されている戦隊を知ってる方は何でシアンじゃなくてスカイブルーなんだ?と思っただろう。
              • 子役の授業の関係か、訓練の名目で一時的に退場の模様。どうやら番外戦士の変形と考えた方がよさそう。
                • と思ったら意外に出番多い件。
            • 12人目は「伝説bot」だった件。
              • 更にみっちゃんとは真逆の意味で面倒臭い人物だった件。
                • なんてこったい!
    • くじ引きで出撃メンバーを決めるのは斬新だなと思いつつも、ショウ司令が「予算とか色々あるし」とボヤいたのには笑った。
      • 怪人の数が例年以上に異様に少ない。ダイカーンがツヨインダベーの亜種ばっかりな所とか、予算のやりくりに苦労している所が垣間見えてしまう。
    • ジュウオウとのVS映画では大和のストレスマッハになりそうか?と思っていたら、ラッキーが意外に似た者同士だった事が徐々に明らかになった件。
      • と思ったらVS映画そのものが無くなっていた。予算の都合か?
        • と思ったらルパパトとのVシネが登場。ジュウオウジャー不憫過ぎる…。
  2. 黄道12星座を揃えなかったのは東宝が先にやったからなんだろうか?
    • その結果かじき座やカメレオン座のように日本ではマイナーな星座も基本メンバーに。
      • 88の星座がモチーフという事だけど、テーブルさん座とかみなみのさんかく座なんて超どマイナーな星座も出てくるのだろうか?
    • 88星座すべてのアイテムがあるようだが、完結までに小道具として未登場のものもあったらしい。
      • なおアルゴ船は特別扱いだった。
  3. 偶然か必然か、2017年にはギャバンvsデカレンジャーをテーマとした『スペース・スクワッド』も公開される。モチーフ繋がりから何かしらのコラボを期待したいところだが果たして…。
    • システム音声がジャイアンなので、スーパーヒーロー大戦での関智一との掛け合いも非常に期待される。
    • つい先日実現したそうで。
      • 来年にもまた出て来そうな気が。思いっ切り後輩戦隊も出て来るし。
  4. ジェダイ。シシレッド・ラッキーがルーク・スカイウォーカーのイメージになりそう。
    • そうなるとバランスはC-3POが元ネタになるのか?
    • ナーガはスタートレックのヴァルカン人を思い出す。
  5. 「○○レンジャー」と付く戦隊も地味に久しぶり。
  6. OPを歌っている人が筋金入りのデレマスPという事で色々と話題になった。
  7. EDのダンスで変なおじさんを思い出した人多数。
    • 作詩:ショウ・ロンポーという事は、あの歌詞はひろしくんが書いたのか…?
  8. 翼兄さん(陣さん)があんな形で再々登場するとは。しかも振り付けも自身考案で。
    • 第1話の登場シーンは初見ですぐわかった視聴者はどれだけいるのか?
    • ニンニンジャーにも登場してる。
  9. よく見ると人間メンバーと非人間メンバーでスーツのデザインが違う。毛皮調のブルーだったり一部分だけアーマーを装着するブラックだったりとかなり個性豊か。
    • カジキイエローの鼻?の部分が折れそうで常に気になる。
      • 野球回では敵の魔球を鼻で打ち返すという荒業を披露。「ヘシ折れねぇから、自慢の鼻だ!」ってことか(それカジキじゃねぇよ
        • スパーダさんにも声優への転身を勧める声がちらほらと。まぁ同じイエロー戦士やってた人が声優として出ていたけど。
    • 何気に次郎さんが戦隊初期メンバーを演じるのも久々?
  10. ロボットの合体形式がトランスフォーマーのスクランブル合体と被る。
    • あっちに倣えば最低もう1体は胴体ロボが出てくるはずなのだがさてどうなるか…。
  11. 敵組織に征服された世界の解放という重いミッションを22年ぶりに戦隊が背負うことに。但しこちらは最初から。
  12. 呉島主任再び。
  13. 東映がかっての親会社だった縁で、北海道日本ハムファイターズとコラボ決定。
  14. 正直、9人て。多すぎる。スーパー戦隊の法則的なもので、基本メンバーを5人以上にしてはならない風潮がある。やはり赤・青・黄・桃・緑の基本5色が1番しっくりくる。レッドは正義漢、ブルーはクール、イエローはお笑い系、ピンクは女性、グリーンは天然。
    • 2チームに別れての作戦とかでは活用されてはいるが…。
      • 今回は紫色がいるけど、ゲキバイオレット以来か。
  15. サソリオレンジとヘビツカイシルバーは女性人気が高そう。どっちも初期メンバーとして初登場の色。
    • シルバーが闇落ちしてダークメタル化して、我を取り戻してもメタル形態はそのまま、と言うパターンはありそうで無かった?
      • いや、闇落ちから解放されても闇落ち時に使用ししていたカードを使い続けていたカードゲーマーがいたわけで・・・。
    • バトルコサック「せやな」
  16. 「スーパースター!シシレッド!」の名乗りが衝撃的。「スーパースター」てw
    • ○○スター、と言う法則がある模様。しかしカジキイエローの「フードマイスター」ってww
      • シシレッドの二段変身で白に変わる、ってのは予想外だった。
      • 今は追加戦士に「ドラゴンマスター」と「スペースバスター」がいるからまだマシ。
  17. カメレオングリーン...メレかな?
    • どことなく重なるw
    • 予想通り共演が実現した。
  18. オープニング曲の覚え辛さはタイムレンジャーといい勝負。前作のジュウオウジャーと違い、あまり脳裏に残らない変なオープニング曲。
    • タイムレンジャーの方が覚え辛い。子供に英語中心の歌詞はキツイ。
  19. 枠移動後初の回でオリオン号をまさか失うとは。これは『サンデーLIVE!!』の仕業か?
    • その翌週、他局の特撮『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』で魔王によってミラクルちゅーんず!と音楽の女神と会話するための鏡が破壊された。特撮であのようなことが起きるのは2017年の秋改変のせいだと。
      • 玩具がラインナップされていなかった時点で、シリーズ途中で「退場」する展開を予想した視聴者もいた。プレバンでは出るのか?
  20. うじきつよしがアントン博士を演じた理由が、後半になってよーくわかった。なるほど、元はマッドサイエンティストだったのか…。
  21. キュウレンジャーが40作目でジュウオウジャーが41作目だったら帰ってきた宇宙海賊のオープニングのクレジットがごちゃごちゃしそう。人多いし1人二役いるし。
  22. ラッキーがラッキーだけのキャラと勘違いされやすいのは「違うだろ」と思いながらも、そう誤解されやすいのも諦め気味に悟る。
  23. ピンクが25歳。アンドロイドだけどちょっと驚いた。

42代目・快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

  1. デカレン・軍平「呼んだ?」
    • 遂に2000年代生まれのレッドが登場…。
      • 主演俳優の名前から某女子アナを想起した人は自分だけではないはず。
    • パトレン1号が「ドライブ」の現さんをまんま若くした感じ、と言う声が早速。
      • 当の現さん演じた井俣さんまで言及しちゃってるし…。
      • ノエルもノエルで、泊巡査を薄味にしたような顔。
    • 巽大門「呼んだ?」
  2. さすがに5対5というわけにはいかず3対3。
    • 予算もさる事ながら、あんまりキャラ増やすと話がゴチャゴチャしかねないからなぁ。キュウレンもそう言う所が所々あった。
  3. ルパンイエローが元モー娘。メンバーと言う事でドルヲタの間で話題に。
    • 尼で該当フィギュアが速攻で品切れしたのには笑った。
  4. 温水洋一演じる執事が如何にも「コイツ何か企んでますよ」的な胡散臭い感じがする。
    • 分裂したのを見て、「良いハゲ悪いハゲ普通のハゲ」とか考えてしまった…。
  5. 「ルパン」といっても3世ではなくてアルセーヌの方を下敷きにしている。
    • だが案の定3世を連想したアニオタ多数
      • そして偶然にも同時期に3世の新作が放送されているという。
    • 3話放送日には放送後に同じ怪盗が登場する(しかも序盤に「アルセーヌ・ルパン」と名乗る人が登場)『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』が放送されたしな…。
  6. パトレンジャーの緑が「ひかわ さくや」・・・なんだこのネタキャラ臭。
    • 一見イケメンで「褒めれば伸びる子なんです!」と言うセリフの落差に爆笑。
      • 某掲示板では、ゆとりゆとり言われる始末。イケメン枠なのに…。
  7. パトレン側の3人が某警察マンガの主要人物3人を連想させる。
  8. スーパー戦隊祭りはどうなるかと思ったが、キュウレンジャーの時点で終了していた…。
    • とりあえず、2019年のVシネクストはどうなるんだろう。
      • 案の定三つ巴風のタイトルに。
  9. 第三勢力として探偵戦隊も出てきそう。
    • 勿論追加戦士の代わりとして。
      • まさかの快盗警察両属性。探偵枠は劇場版でココリコ田中がやる事に。
        • 追加戦士のメカがトッキュウジャー以来の列車型。
  10. 敵幹部役声優が奇しくも少し前に開始されたシンカリオン2名被るって。
  11. 海賊モチーフのゴーカイは一昨年、警察モチーフのデカレンは前年やったばかりなので今年の戦隊のコラボ回はどうなるのだろうか? お宝回収ということでボウケンジャーあたりか?
    • と思ったら結局なかった…。
  12. まさかのEDテーマ無し。
    • ちなみにトッキュウジャーのEDはミニコーナーとして、ニンニン、ジュウオウ、キュウレンはダンスコーナーとして存在。
  13. これが成功したら赤青黄スタートじゃない3人スタート戦隊が生まれるかも(パトレンジャーは赤緑桃スタート)。なんてねw。
  14. 前作の放映時間変更の影響でとうとうスーパー戦隊シリーズとしては初めて関西地区の甲子園中継の犠牲になってしまった。
    • いや、カーレンジャーまでの金曜夕方時代にも甲子園があった際にも別の日に振替になっていたので初めてではない。
  15. あ…ありのまま第30話で起こったことを話すぜ! 「温泉回かと思ったらホモ回だった」、な…何を言っているかわからねーだろーが俺も何が起きたか分からなかった…。
    • 魁利と兄の話とか色々重要な回だったのに、Wレッドの温泉旅行ってインパクトが強すぎてホモ回としか言えない。
  16. つかさ先輩マジチョロい。
    • 33話ではショタ魁利のあざとい視線に、「しょーがねーなー」とデレッデレに。
  17. 圭一郎が放送のたびにツイッタートレンドにあがる程の人気が出るとは誰が予想出来ただろうか?
  18. 「不審なエビフライ」「強制帰宅ビーム」等パワーワードが出る回が何故か意外とシリアスだったりする。良いけどね、何か…何か。
  19. のちにクリスマスに鮭を食べる風習となる起源になる予定
  20. 実は内容はそれなりに良いのにも関わらず、売り上げが高くないらしい。
    • それだからか次作は1ヶ月放送開始時期をずらす、ということなのか。
    • シアターGロッソの客はそれなりに入ってたらしいが、一説にはシンカリオンやパワーレンジャーのせいでこうなったとか。
      • つまりは大友には受けたが、子供たちにはイマイチ受けが良くなかったと言われている。
    • トッキュウジャーで途絶えたデータカードダスが復活したが、未就学児向けに作られているにしても内容があまりにもお粗末で…
  21. 全51話は、海賊戦隊ゴーカイジャー以来7年ぶり。

43代目・騎士竜戦隊リュウソウジャー

速報規制
このページ(もしくは節)は現在進行中もしくは今後の出来事の進行によって急速に変更される可能性があります。
旬の時事ネタに触れるのは結構ですが、真面目に報道しないで下さい。そういうのは別のサイトの仕事です。
時事ネタを書くこと自体は構いませんが、事実を書くのでなく、ネタに昇華させて下さい。
規制する投稿:公式未公開の内容に関する情報
  1. キョウリュウジャーの二番煎じ。
    • 配色がね…。
  2. 3つの「6年ぶり」がある戦隊。
    • 「6年ぶり」の恐竜モチーフ。
    • 「6年ぶり」の女性1人の5人戦隊。
      • 何故恐竜モチーフの戦隊は必ず女性が1人だけなんだろう?
    • 「6年ぶり」のイエロー不在の戦隊。
  3. 何気に東映チーフPとメインライターが戦隊初登板組。
    • パイロット監督に音楽担当も初登板組。
  4. タイトルロゴがなんとなくアバレンジャーに似ている。
  5. 前作のルパパト終了後にスーパー戦隊のスペシャル番組を数週間放送するため、放送開始予定は3月半ばと遅め。
    • このまま3月開始に切り替えていくのか、もしくは前作以前より少なめの話数になるのか。
      • ライダーの前例から見ると前者なのが自然だろう。
  6. 長老が帰マン。
  7. 今回のロボはスーツアクションにやたら気合が入っている。もはやウルトラマンと互角の域?
  8. レッド役の人相や目つきが悪い。
  9. ブラックの昭和の戦隊にいそう感がすごい。
  10. 第14話より登場した新幹部ガチレウスのブラック上司ぶりとその下でこき使われるクレオンの社畜ぶりが洒落にならず、少なからぬ大友の心を折った模様。公式までツイッターのハッシュタグに「社畜クレオン」などと……。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク