ガメラが出現したら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 日本人は写真だけとって逃げた。。
  2. ソ連政府はアメリカがゴジラを用心棒にしたのに対し、ガメラを用心棒にした。
    • 永久表土を用心棒ガメラの第二の住処にした
  3. 中国人はガメラで亀のスープを作ろうとした。
    • ギロンを捕まえて包丁代わりに使えないかを本気で考えた。
  4. 香港人は狭い国土から真っ先に逃げ、そのパニックの様子を撮影し映画にした。
  5. 韓国人は現れたガメラとゴジラとの対決を日本でやらせようと、日本へ追いやろうとした。
    • しかし韓国がガメラとゴジラとの対決の舞台になった。
      • 更にはヨンガリが現れ、北からプルガサリがやって来た。
  6. 北朝鮮人は最初はゾッとしたが、軍事施設を破壊したので、解放軍と喜んだ。
  7. アメリカ人はゴジラで手こずっていたので、ガメラの出現で真っ青になった。
    • B-2やミサイルで対抗したが、歯が立たなかった。
  8. アラブ人は石油を食べるガメラを見て、ブッシュのようだと思った。
    • イラク人は米軍を追いやるチャンスと喜んだが、石油を食べに油田を襲ってきたので米軍に助けを求めた。
    • クウェート人、カタール人は国土が狭いので亡命を強いられた。
    • イスラム原理主義者は米軍とガメラの戦いでガメラを応援した。
  9. パプアニューギニア人はバルゴンを追い出すのに躍起になった。
  10. ギリシャ人はバイラスでイカリングを作ろうとした。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク