ガボン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「IP利用者による編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
Googleで「ガボン」を検索

ご当地の噂 - 世界アフリカ中部アフリカガボン

ニジェール チャド スーダン


ナイ
ジェリア
 
カメルーン 中央
アフリカ
南スーダン
ギニア湾 赤道 ギニア コンゴ
民主共和国
STP ガボン
大西洋 コンゴ共和国
 
アンゴラ  
ザンビア
  1. アルベルト・シュヴァイツァー夫妻が診療所をランバレネに開いた。
    • シュヴァイツァーはアルザス生まれ。
    • 1875年に彼が生まれた時、アルザスはドイツ領エルザスだったが、WW1後フランス領となったのでドイツからフランスに帰化した。
    • しかもWW1時代は敵国人として監禁され、フランスの捕虜収容所に収監されていた。
    • 1965年ランバレネで亡くなる。
    • 亡くなった時には、追悼記念として世界で初めて純金製の切手を発行した。
      ガボン1965年発行シュバイツァー博士追悼切手
  2. 1960年フランスから独立。
  3. アフリカの中では人口当たりの経済力が高い。
    • 石油が出るおかげ。
      • アフリカの資源国の多分に漏れず、中国と仲良し。移民も受け入れている。
      • 中国人と現地住民との間で、様々な問題が起き始めている。
      • 中国人は現在およそ2万人、2011年までには鉱山関係でさらに7万から12万人に増えるらしい。
      • 原油生産量はピークを過ぎていて、2015年時点での可採年数は20年程度。教育水準はわりと高く(フランス語圏の旧植民地ではカナダチュニジアに次ぐレベルか)、インフラも充実しているが、物価水準もそれほど低くはなく、加えて周辺各国の需要が貧弱なため、原油依存からの脱却は進んでいない。中国との関係強化はそのあたりも背景かも。
      • OPECには加盟と退会を繰り返している。言い換えればそれだけ生産が不安定ということ。
    • 国土の8割程が森林で人口が少ないっていうのもあるんだろう。(2010年で約150万人)
  4. スーパーマリオ・ヨッシーストーリーに出てくる
    • スーパーマリオブラザーズ3で初登場
  5. 昔バイトで一緒だったガボン人はソルボンヌ大学卒業で英語仏語日本語ぺらぺらで、爆風スランプのファンだった。
  6. ウランの鉱床がある、はるか昔には天然の原子炉だったらしい
  7. ここの特産品である投げナイフは実に面白い形をしてる。
  8. フリーザの手下の一人。ベジータに殺された。
    • それってザーボン?
    • ザーボンの由来はざぼん
  9. 1967年以来、40年以上という超長期政権を率いたオマール・ボンゴ・オンディンバ大統領、2009年に遂に死去。
    • カダフィに並ぶすごい超長期政権
      • 後の大統領選で息子が当選。もはやボンゴ朝ガボン王国。
      • 産油国で経済的に余裕があった点もリビアと同じ。とはいえカダフィと比較すれば(おそらく)まだまともで、とりあえず安定してもいた。ただ、息子の代になってからは野党勢力が支持を伸ばしつつある。
  10. 正式国名はフランス語で「レピュブリック・ガボネーズ」(République Gabonaise)と言うらしい。
  11. アフリカ・ニュメロ・アン(Africa numéro 1=アフリカナンバーワン)という国際ラジオ放送局がある。以前は日本でも受信可能だった。
    • 何がアフリカ一番なのかは不明・・・
    • NHKも国際放送の送信所として利用しているらしい。
  12. 著名な出身者はプロサッカー選手のオーバメヤン。
    • ドイツのブンデスリーガチーム、ボルシア・ドルトムントで香川真司と同僚であった時期がある。
  13. 実は米ソに先駆けて、世界で初めて原子炉を所有した国である。
    • 約20億年前で、もちろん今の人類が作ったものではないが。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク