カリフ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

<元首伝

カリフ

アブー・バクル

  1. ムハンマドの家族を除けば、世界で初めてイスラムに帰依した人物。
    • いやちょっとまて。アリーの方が最初だったかな。
      • と思ったが、よく考えればアリーはムハンマドの家族だ。
      • アブー・バグルはアーイシャのお父ちゃん。なのでムハンマドにとっては年下のお義父さん(笑)
      • 9歳の娘を嫁にし、ムハンマドが死んだあとはカリフになった。

ウマル

  1. もとはムハンマドと仲が悪かった。しかし、村人がムハンマドを異教徒として迫害し始めてから、漢気を発揮して寝返ることに。

ウスマーン

  1. 『クルアーン』を編纂した人。
  2. 一説によれば、彼がイスラムに帰依した動機は、ムハンマドの娘に一目惚れしたため。義理の父となるムハンマドに気に入られたかったのである。
    • もちろん敬虔なムスリムの前でこんなことを言ってはならない。
  3. イスラムが迫害に遭った際には、その娘と一緒にアフリカに駆け落ち逃亡した。

アリー

  1. シーア派ではムハンマドに次いで偉い人とされている。

ムアーウィヤ

  1. アリーからカリフの位を簒奪してイスラム世界に君臨。
    • そのためシーア派での人気は最悪。

ハールーン・アッラシード

  1. 『千夜一夜物語』によく登場する。
    • 作中では、任務に失敗した無能な配下を処刑するのが趣味。大臣もたびたび脅迫されている。
    • その甲斐あってドラえもん映画への出演も果たした。

ムウタスィム

  1. エイトマン。
    • アッバース朝第8代カリフ。
    • ハールーン・アッラシードの八男。
    • 子供は男8人、女8人。
    • 在世中に8回の戦いに勝った。
    • 在位8年8月8日。
    • 遺産は奴隷8000人。
  2. 歴史的にはマムルークを重用して、アッバース朝衰退の原因を作った人物。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク