カラオケ業界

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

業務用通信カラオケ

全般

  1. 同業者が次々と撤退していったせいで今や下の二社のみとなってしまっている。
  2. かつてはADSL以上の回線が必須(光回線推奨)だったため、出店できる地域がかなり限られていた。
    • 2000年頃までは東京23区、政令指定都市、県庁所在地とその近辺しかなかったが、提供エリアの拡大で次第に田舎町にも広まりつつある。
    • その恩恵で最新のアニソンやボカロ曲といったマニアックな曲も配信できるようになった。

エクシング

  1. JOYSOUNDとUGAの開発元。
  2. 元々はJOYSOUNDだけを保有していたがUGAを乗っ取って巨大化。
    • 昔は孫悟空というブランドも乗っ取っていたがいつのまにか消滅。
      • 更に言えば他にも色々と乗っ取っていた。

JOYSOUNDの噂

  1. JOYSOUNDの方がボカロや東方の曲が多い。
    • リアルタイムリクエスト投票制度で人気新曲がコンスタントに配信されてくる。
  2. 「女医サウンドだ~♪」
  3. 水樹奈々等の人気声優ライブへの協賛やライブ映像カラオケ、アニメ本編カラオケなどのオタク向けアプローチも万全。
  4. ネットやアニメなどのアプローチで若者をつかみ、昼間の需要が高いらしい。
    • DAMに比べると曲数は少ない。その代わり質はこっちの方が高い。
      • アニメ映像やボカロ映像なんかはこっちのほうが多かったはず。最近(LIVEDAM以降)はDAMも増やしてきたけど。
  5. 「カラオケJOYSOUND for Wii U/for Nintendo Switch」の登場により、家庭でも歌えるようになった。

UGAの噂

  1. 「UGA、UGAUGA、カラオケUGA♪」
    • サウンドロゴもさることながら、目と唇を強調したCM映像もインパクト絶大だった。
  2. 一時期きれいなジャイアンをCMに使っていた。
  3. アルバムを丸ごと入れたりするので、意外な曲も入ってたりする。JOY移植はあんまされてないけど…

第一興商

  1. DAMの開発元。
    • 業界第一位はこっちらしい。
  2. JOYSOUNDに比べると配信曲が少ない印象がある。
    • 逆にアニメ・ゲーム関連だとJOYに比べて質より量のイメージがある。
  3. 演歌や夜の店へのアプローチが強いためJOYSOUNDとは逆に、夜間の需要が高いらしい。
  4. テレビ番組などでカラオケの点数対決をする時はDAMの「精密採点」が使われることが多い気がする。
  5. こちらも最近はアニメのタイアップが多い。
  6. AKB48はJOYSOUNDと組んだが、SKE48はこっちと組んだ。
    • 7期生オーディションはこことのタイアップ。

カラオケボックス

  • 新規追加は50音順でお願いします。
    • ブランド名と運営企業名が異なる場合、コメントアウトで企業名も入れてくださると助かります。
関連項目

歌広場

  1. 金爆のベース担当。
  2. 他のチェーンに比べると内装がボロい。
    • 池袋新宿の店舗と同業他社の店を比べるとその差は歴然。

カラオケ館

  1. 青い看板に赤い文字でおなじみ。
    • 通称「カラ館」。
  2. ワンドリンク制とはいえ料金も割と良心的。
    • ただし休日や深夜になると値段が急激に跳ね上がる。
  3. 文化放送の入局証がここのメンバーズカードに似ているらしい。
    • 某女性声優はその局内でここのメンバーズカードを出し間違えてしまいお漏らししてしまったとか。

カラオケの鉄人

  1. 通称「カラ鉄」。
    • 企業名は「鉄人化計画」と非常に仰々しい。
  2. 昔は文字通り騎士みたいなマスコットが看板に書かれていたがいつの間にか無くなった。
    • 最近はてちゅじんくんと言うキャラクターで復活している。
  3. パセラ同様、アニメとのコラボに強い印象がある。
    • アニメロサマーライブ公式カラオケ店。
  4. 1部屋に複数機種を備えた鉄人システムが売り。
    • DAM&JOY音源に加え、曲によっては原曲の音源やPVも入っていたりする。とにかく便利。
  5. 2017年4月より、カラオケBanBanを運営するシン・コーポレーションの子会社となる。

カラオケバンバン

  1. とにかく料金が良心的。
  2. 閉店した店舗跡への居抜き出店が基本なので安くても採算が取れるらしい。
    • シダックスが大量閉店した時に、跡地に大量増殖した。
  3. ソフトドリンクのドリンクバーをいち早く導入したのがここ。
  4. 一時期第一興商の資本が入ってたことがある。
    • でも今ではJOYSOUNDも入ってる。

カラオケレインボー

  1. カラオケするならレインボヨヨーン! byかつみ・さゆり
  2. 「平日室料0円」(ただしワンドリンクorドリンクバー必須)
  3. 関西、特に大阪に多いが、首都圏にも展開している。
    • ちなみに本社があるのは天理市
    • 意外にも、関東では神奈川を除く1都5県に展開している。
    • 愛知県にも2店舗だけある。

コート・ダジュール

  1. 実は紳士服大手のAOKIの子会社が運営している。
    • なのでAOKIの株主優待が使える。
  2. 銀座にある店は高級路線。
    • そのためか料金も高級路線…。

コロッケ倶楽部

  1. こんな店名であるが、なんと食事メニューにコロッケは無い。
  2. 近畿地方の店は「東海地方」扱いにされている。
  3. 発祥の地・本社は福岡。
    • なので福岡市や北九州市にはあちこちにある。
  4. 歌いながら物まねをする必要はない。

シダックス

  1. 志太さんが作ったからシダックス。
  2. ロードサイドだと城みたいな形の店舗が多い。
    • 店名は「~クラブ」とこれまた特徴的だった。
  3. ノムさんが監督だった頃の社会人野球チームの印象が強い人も多いのではないだろうか。
    • 都市対抗で「調布市」と表記されたのが印象深い。
    • 業績不振の煽りでその野球部もリストラの対象に…
  4. +女子サッカー部もあった。
  5. 給食も作っているので学生食堂などでも名前を見かけることもある。
    • というか企業史からすれば給食産業の方が先。
      • 「レストランカラオケ」を自称しているのもたぶんそういう事情があるからなんだと思う。
  6. テレビCMの充実度では業界一だと思う。
  7. 突如としてカラオケ業界から撤退。カラオケ館のB&Vに売却だとか。
    • そのせいで、特徴的な看板と外観だった店が大幅に消え去った。

ジャンボカラオケ広場

  1. 通称「ジャンカラ」。関西を中心に西日本ではお馴染み。
    • 最東端が愛知県なので、関東での知名度は皆無に近いと思われる。
      • ロゴが歌広場と一緒だなと思ったら、それぞれの親会社を作ったのが兄弟同士だったと知り納得した。そりゃ関東に進出しない訳だ。
      • いつの間にか関東・東北をすっ飛ばして札幌・すすきのに出店したため最東端は北海道になった。
  2. サウンドロゴはキダ・タロー御大の作曲であることはあまり知られていない。
  3. 湯快リゾートと同じグループなのもあまり知られていない。
    • 湯快リゾートもカラオケをウリにしている。
  4. ドリンク飲み放題込みの格安ルーム料金が魅力。
    • ちなみに飲み放題には一部アルコールも含まれている。

パセラ

  1. アニメとのコラボではぶっちぎりの知名度を誇る。
    • 秋葉原にも二店保有している。
      • ちなみに片方の店舗は昔は石丸電気だった。
    • 特にスタチャとのコラボに強い。
    • 東映カラオケの画像が出るカラオケボックスもここぐらい?
  2. ハニトーが特に有名。
    • 行ったことないので、どう切って食べるのかわからん…。
  3. カラオケの鉄人と同じく複数機種の楽曲を1部屋で楽しめるが、こちらは集中管理型で待たされる場合も。
    • ごくまれだが「選曲できません」と言われてしまうケースもある。
  4. 無駄に高級路線。なので同業他店に比べたら何もかもが高い。
    • なので、結婚式の二次会パーティーや会社の歓送迎会などに使われやすい。
  5. 店舗展開についてもカラ鉄に比べたら少ない気がする。
    • 今でこそ天王寺にも出店しているがつい最近までは首都圏にしか店舗が無かった。

ビッグエコー

  1. 第一興商の直営店。
    • なので当然DAMしか置いてない。
  2. 一応ここが業界1位。
  3. アルファベット表記の「BIG ECHO」、カタカナ表記の「ビッグエコー」がそれぞれある。
    • 一応客層によって棲み分けを図ってるらしい。
    • つい「ビッグエチョー」と言ってしまいそうになる。

まねきねこ

  1. 名の通り、まねき猫のマークでおなじみ。
    • 基本的に居抜き店舗で拡大している。
    • ついでに言うと温泉施設も持っている。
      • 東京だと江戸川区にある「東京健康ランド まねきの湯」がそれ。
  2. 意外にもルーツは中華料理店である。
    • 屋台から始まりラーメン屋になりそこからカラオケや温泉に手を出すという謎の業務転換っぷりである。
  3. 都市部では一人カラオケ専門店を中心に出店。
    • 意外と田舎町への出店も多い。
  4. 平日昼は30分10円(ドリンク代別)と言う破格の安さだった。
  5. 最近増殖中のフィットネスクラブ「カーブス」も実はここの系列。
  6. 独自カラオケシステム「すきっと」を広めるも、音は悪いわリモコンも酷くろくな事が無い。
    • 「参加型カラオケ」の触れ込みで自作楽曲の投稿コミュニティ展開などしていたり。
  7. Ponta加盟店だが、クレジットカード端末での取扱なので、自動精算機では利用できない。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク