ウィラートラベル

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. ツアーバス企画会社の中ではおそらく最大手だと思われる。
    ウィラーエクスプレス
    • 全国ネットワークを構築。
    • そのネットワークを生かし、乗継利用を案内するまでになった(ex.大阪→東京→仙台)。
    • JTB時刻表にも広告が載るようになった。
  2. バスの多様さが一番の特色。
    • 昨今では最安便だけ他社任せ(スターエクスプレス)とし、他は自社系列の「ウィラーバス」による運行として安全性を強調する戦略を取ってきた(但し一部は提携運行として残る)。
      • 「安全」を隠れみのにしたバス会社潰し
        • ツアーバスはヤバイ会社多すぎて選定面倒なので、潰して整理してほしい。
          • 2013年8月法規制施行で、7割方の会社が見事淘汰されました。
  3. 大学の生協にパンフがよく置いてある。
    • 学割価格と言うのを提示しているが、ようは100円引き。2割引きのJRバスとは概念が全く違う。
      • ツアー時代末期から割引率が高まった。
  4. 当然、最大手だけに黒い話も多い。
    • 白い煙を吐きながら(=灯油にオイル混ぜてる)走ってるバスを追い越したらウィラーだった時は、もうどうしたもんかとオモタ。
      • NHKスペシャルで下請けイジメを公然とやっている事を暴露された。
        • 演出で気を抜いたところを殊更取り上げられたのかと思ったら、女性秘書のブログとか見たらあんな感じだったんで本性が下品なんだなと思った。さすがに最近は落ち着いてきたが。
  5. 新型バスの多くは韓国の大宇製。
    • キムチバスと呼ばれ蔑まれている。
      • 最近は同じ韓国のヒュンダイ製も導入されている。どっちも頼まれても乗りたくない。
        • ヒュンダイ製は委託会社の持ち物。路線化した現在も続行便で使われている。
    • 今は殆ど国産車に置き換えられた。
      • ツアー業界では唯一新車でエアロキングを導入した会社でもある。
  6. JRのプレミアム・ドリーム号に対抗して遂に2列シート車まで投入した。
  7. かつては、東京~函館・札幌線を運行したこともあった。
    • 青函フェリーにバスを積み込む形態だったらしい。
      • 以前相鉄も東京~札幌間の夜行バスを運行したことがある。
    • そして今度は、フェリー会社と提携して東京・釜山のツアーを企画販売した。
  8. 旅行会社だけに一応、格安航空券や旅館の手配業務もやっている。
  9. ついに4時30分有明着のバスをコミケ期間中運行するサービスを始めた。
  10. 便によっては、スカイライナーを名乗るものがある。何か京成の空港特急みたい。
    • ネオプランのスカイライナー。なおこちらは路線化せずに廃止。
  11. 路線バスも運行を開始した。
    • いずれ既存の都市間バスも、政策によって高速路線バスと統合されそう。
      • 統合ではなく、高速路線バスへの新規の参入を認めて、高速路線バスに収斂するのだ。
        • 運行車両の半分までは、許可を受ければ貸切バス業者への委託も認められるが、厳格になるし、路線バス規格の車両や運行管理が必要
      • 2013年8月1日、ツアーバス廃止でウィラーも高速乗合バスへ転換。
    • ついに宇宙へ…
    • 北近畿タンゴ鉄道で鉄道業界にも進出する。
  12. JRバスとの消耗戦やってそうな路線が多い印象がする。
    • 最近では名阪間でバス大増発と1,500円の特別価格運行。いつまで持つのやら。
    • それでもツアー上がりでJRと張り合えるのはここぐらい。
    • 実は一部の路線がここのサイトでも販売されている。
      • それどころか東京駅八重洲口(鍛冶橋ではない)発着便の発券業務をJRバス関東に委託している。
    • 他社の高速バス路線の販売や共同運行など、他のツアーバス上がりとは違って既存のバス会社との提携も多い。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク