もし阪神急行電鉄と京阪電気鉄道が合併しなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

昭和18年(1943年)に国の政策に基づいて、いったん合併した阪神急行電鉄(阪急)京阪電気鉄道。それによって発足した京阪神急行電鉄は、戦後の昭和24年(1949年)に京阪神急行電鉄(→阪急電鉄)と京阪電気鉄道へ再分離しますが、もし両者が合併していなかったら。

阪神急行電鉄側

  1. 未だに正式社名は「阪急電鉄」ではなく「阪神急行電鉄」かも。
  2. 京都線(旧:新京阪線)を得ることはないため、梅田・十三間は複々線。
    • 鉄道ファンから注目されることは余りない。
  3. 北大阪急行電鉄に出資することもなかった。
  4. 北野線は昭和24年に休止とならず、大阪市電へ譲渡した後に市電と共に消えた。
    • あるいは梅田駅の移転に合わせて廃線。
  5. 京都線が乗り入れなかったため梅田駅が手狭とならず、駅移転が実施されなかった。
    • 現在では地下駅になっていたかもしれない。
  6. 十三に未だ神戸線特急は停車しなかった。

京阪電気鉄道側

  1. 新京阪線(→阪急京都線)は未だに京阪の路線。
    • 昭和38年に京都側で京阪線と新京阪線の接続が図られる。接続駅の名前は「四条河原町」。
      • 京阪の四条駅(現祇園四条駅)は鴨川の東岸にあるので接続駅の駅名は「祇園」になっていたかも。
        • 三条京阪の地権などの問題から、四条河原町が京阪のターミナルになってたかもね。
          • 京都市内地下化の際に河原町通の地下に線路が付け替えられていた。
      • 京阪線祇園四条駅到着時のアナウンスはもちろん『大阪梅田方面へは新京阪線にお乗り換えです。』
    • 淀屋橋延伸や中之島線の計画は具体化せず、むしろ戦前の計画にもあった新京阪線と京阪線の梅田乗り入れ&大阪側総合駅建設、そして阪神電気鉄道との直通運転が画策された。
      • 淀屋橋延伸の代わりに平成になってから中之島線を造ったかも知れない。
        • 昭和の終わりぐらいまで延伸されないとすると、地下鉄でぶつかって延伸出来ないと言うことにはなってなかっただろう。
      • 新京阪線は天神橋(天六)から延伸、京阪線は野江か森小路から分岐。
        • よって谷町線の東梅田以北は造られず、堺筋線は南海と直通する大阪市営地下鉄唯一の狭軌線になる。
    • 新幹線の線路を走った初めての営業列車は京阪の電車ということになっている。
  2. 十三・淡路間は未だに阪急との連絡という意味しか持たない支線。
    • よって新大阪駅を経由するようにルートが付け替えられ、崇禅寺駅と南方駅を廃止する。
      • 御堂筋線にも南方駅はなかった。
  3. 京阪は戦後も事業拡大に積極的。
    • 野球球団も持っていたかも。
    • 北大阪急行電鉄に出資したのは京阪となった。
    • 千里ニュータウンや千里中央の開発の主導権があったため、くずはや松井山手のニュータウンは現実以上に大規模にならなかったかも。
    • エキスポランドは京阪の遊園地で、現在も営業している可能性がある。
    • 大阪モノレールは京阪グループになっていた。
  4. 梅田に京阪百貨店ができていた。
    • 京都の四条河原町にもできていた。
  5. 新3000系車両は京阪線より先に新京阪線に投入されていた。
  6. 京阪線の1500V昇圧は1960年代のうちに行われていた。
  7. 新京阪線の特急は現在でも大宮駅に停車する。
  8. 鴨東線に新京阪線も乗り入れていたかもしれない。
  9. 関西の大手私鉄における京阪の地位は現実よりも高かった。
    • 恐らく阪急と同じくらい、いやそれ以上の規模になっていた。
    • 特に京都においては絶大な力を持つようになっている。
  10. テレビカーは新京阪線にも運行されていた。
  11. 大阪市高速電気軌道堺筋線のラインカラーが史実とは異なっていた。
  12. 本線と新京阪線の路線名変更が画策されていた。
    • おそらくどちらも本線扱い(路線名は異なる)になっている。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク